IT関連で色々試行錯誤してみました

SEとして色々試行錯誤した結果を載せて分かったことを情報公開してます。

紛失防止IoTタグ「TrackR」を使ってみました(その3)

前の記事から引き続き、紛失防止タグTrackRの説明をしていきます。

  1. 紛失防止タグを購入したきっかけ/TrackRを選択した理由
  2. TrackRの購入方法
  3. TrackRの到着!早速設定してみるが・・・【本記事】
  4. 無事に設定完了
  5. まとめ

今回の記事では到着したTrackRとその設定について記載します。

TrackRの到着

7月中旬にTrackRは国際郵便にて書留で送られてきました。
下の画像のように、気泡緩衝材(プチプチ、エアーキャップ)が付いている封筒に入っています。

 f:id:moto383:20171119180643j:plain

TrackRの設定、しかし・・・

※ここではアプリの設定ができなかった時の内容を記載しています。
 正しく設定できた内容については次回の記事に記載します。

 購入したTrackRデバイスをアプリに登録します。以下の手順で行いました。
なお、ここで紹介するアプリはAndroid版です。

スマートフォン・アプリのスペック

スマートフォンとアプリの詳細はは以下のとおりです。

  • 機種:Xperia Z3  compact (SO-02g)
  • OS:Android 6.0.1
  • 言語:日本語
  • アプリのバージョン:2.4.7
  • インストール日:2017 / 7 / 20

アプリの設定手順

  1. TrackRアプリをスマートフォンにダウンロードします。

    TrackR (トラッカール) - Google Play の Android アプリ

  2. スマートフォンBluetoothを有効にします。
  3. アプリをタップして起動します。

    f:id:moto383:20171119181519p:plain

  4. 位置情報を有効にします。「許可を有効化する」をタップします。

    f:id:moto383:20171119181713p:plain

  5. スマートフォン側の確認画面が表示されるので「許可」をタップします。

    f:id:moto383:20171119182936p:plain

  6. TrackRの説明画面が表示されるので、「次へ進む」をタップします。

    f:id:moto383:20171119183229p:plain

  7. TrackRデバイスを登録します。「TrackRデバイスの追加」をタップします。

    f:id:moto383:20171119183507p:plain

  8. 登録するデバイスの種類を選択します。今回はTrackR bravoを購入したので、「TrackR bravo」をタップします。

    f:id:moto383:20171119183854p:plain

  9. 登録するデバイスの名前を設定します。名前を記入し、「次へ進む」をタップします。

    f:id:moto383:20171119184125p:plain

  10. スマートフォンとTrackRデバイスの接続が行われる・・・はずなのですが、ここでエラーが発生しました。

    f:id:moto383:20171119184411p:plain

設定の試行錯誤

下記のようなことを行ったのですが、どれも上手く行きませんでした。
結局、アプリにTrackRデバイスを登録することはできませんでした。

  • スマートフォンを再起動する。
  • アプリを再インストールする
  • アプリをアンインストールし、スマートフォンのキャッシュを削除してからアプリをインストールする
  • 名前を日本語ではなく、英語(半角英数字)で記入する
  • 名前半角数字で記入する
  • 名前半角英字で記入する
  • スマートフォンの言語を日本語から英語に変更する

TrackRサポートへの問い合わせ

正しく登録できない旨をTrackRサポートに問い合わせました。TrackRサポートへの連絡先は注文時に届いたメールの一番下にメールアドレスが記載されています。英語での問い合わせなので大変でしたが、なんとか伝えることが出来ました。

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございます。