IT関連で色々試行錯誤してみました

SEとして色々試行錯誤した結果を載せて分かったことを情報公開してます。

紛失防止IoTタグ「TrackR」を使ってみました(その4)

前の記事から引き続き、紛失防止タグTrackRの説明をしていきます。

  1. 紛失防止タグを購入したきっかけ/TrackRを選択した理由
  2. TrackRの購入方法
  3. TrackRの到着!早速設定してみるが・・・
  4. 無事に設定完了【本記事】
  5. まとめ

今回の記事では再チャレンジしたTrackRアプリの設定について記載します。

TrackRアプリの設定が上手くできなかった理由

結論から言うと「TrackRアプリのバグ」でした。
インストールした「2.4.7」にはバグがあり、そのため正しく設定できなかったとのことです。
バグを修正した「2.4.10」をリリースとのことで、そちらで再度設定することになりました。

この間、サポートと何度かやりとりを行いましたが、サポートのレスポンスがとても早かったです。
アプリの設定には失敗しましたが、サポートの対応については好印象だと思います。

TrackRの設定(再チャレンジ)

前回の記事を似た内容を記載することを予め断っておきます。
手順10以降が前回の記事と異なる部分です。

さて、バージョンが新しくなったアプリに購入したTrackRデバイスを登録します。手順は以下の通りです。
なお、ここで紹介するアプリはAndroid版です。

スマートフォン・アプリのスペック

スマートフォンとアプリの詳細はは以下のとおりです。

  • 機種:Xperia Z3  compact (SO-02g)
  • OS:Android 6.0.1
  • 言語:日本語
  • アプリのバージョン:2.4.10
  • インストール日:2017 / 7 / 30

アプリの設定手順

  1. TrackRアプリをスマートフォンにダウンロードします。

    TrackR (トラッカール) - Google Play の Android アプリ

  2. スマートフォンBluetoothを有効にします。
  3. アプリをタップして起動します。

    f:id:moto383:20171119181519p:plain

  4. 位置情報を有効にします。「許可を有効化する」をタップします。

    f:id:moto383:20171119181713p:plain

  5. スマートフォン側の確認画面が表示されるので「許可」をタップします。

    f:id:moto383:20171119182936p:plain

  6. TrackRの説明画面が表示されるので、「次へ進む」をタップします。

    f:id:moto383:20171119183229p:plain

  7. TrackRデバイスを登録します。「TrackRデバイスの追加」をタップします。

    f:id:moto383:20171119183507p:plain

  8. 登録するデバイスの種類を選択します。今回はTrackR bravoを購入したので、「TrackR bravo」をタップします。

    f:id:moto383:20171119183854p:plain

  9. 登録するデバイスの名前を設定します。名前を記入し、「次へ進む」をタップします。

    f:id:moto383:20171119184125p:plain

  10. バイスとペアリングしましょうと表示されるので、「次へ進む」をタップします。

    f:id:moto383:20171119192029p:plain

  11. TrackRデバイスとの接続が行われます。
    f:id:moto383:20171119192210p:plain

  12. 接続に成功した画面が表示されます。「完了」をタップします。

    f:id:moto383:20171119192413p:plain

  13. この後、TrackRのアカウント作成またはログイン、アンケートへの回答がありますが、ここでは省略します。

無事に設定することができました。私としては手順10でエラーが発生しなくなったので、「おっ!?これは上手くいけるな」と確信しました。

登録後のTrackRアプリ

TrackRデバイスの場所

アプリを開くと以下のような画面が表示されます。(身バレ防止の為、地図の一部のみ分かるようにさせてください。)
地図はデバイス「存在する場所」または「最後に発見された場所」が表示されます。
f:id:moto383:20171119193209p:plain

使用してみて分かったのですが、デバイスの場所は以下のように区別できるようです

  • 丸いポイントが緑色 → bluetooth範囲内で接続できている
  • 丸いポイントが灰色 → bluetooth範囲内で接続できていない

なお、「bluetooth範囲内で接続できていない」場合には最後に発見された場所と時間が表示されます。

TrackRデバイスの追加登録

アプリの右上にある部分(縦に点が3つ並んでいる)をタップすると以下の画面が表示されます。ここで「新しいデバイスの追加」をタップすることでデバイスを追加できます。追加方法は最初にデバイス登録を行ったときと同じです。

f:id:moto383:20171119194228p:plain

複数のデバイスが登録されている場合、ホーム画面でデバイスの切り替えが出来ます。
方法は簡単で、以下の画面で左右にスワイプするだけです。

f:id:moto383:20171119193209p:plain

とりあえずトラブルもありましたが、なんとか設定することが出来ました。
これで万が一、紛失しても安心です。

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございます。