IT関連で色々試行錯誤してみました

SEとして色々試行錯誤した結果を載せて分かったことを情報公開してます。

使用したPCの紹介② 初めての自作PC

第1回では初めてPCを購入した時について紹介しました。

第2回はPCを初めて自作した時について紹介します。

PCを自作した動機

PCを自作しようと思った動機は次のとおりです。

  1. 地デジ化のため、今まで使用していたテレビが使えなくなる
  2. PCを作ってみたいという謎のやる気
  3. 使用してきたPCの調子が悪かったこと
    ディスプレイの表示に縞模様が出てきていました。自作PCが完成したら完全に映らなくなりました。

それで「地デジチューナー付きのPC」を自作すれば、テレビを買い替えずにPCを新調できると思い、PCの自作を行うことにしました。

全体像

構成は以下の図のとおりです。
f:id:moto383:20171124194829p:plain

購入したチューナーが地デジ/BS・CSに対応していたので、今まで見れなかったBS・CS放送を見れるようになりました。
時期はPCを自作する前になりますが、無線ルータを設置しました。スマホのデータ通信料金を抑えるのと、何かの機器をLANで繋げるために購入しました。何の機器を接続していたのかは覚えていないです。

自作PC

自作PCの構成は以下の通りです。

OS Windows 7 Home Edition(パッケージ版)
PCケース Antec Nine Hundred Two
電源ユニット Antec TP-650AP (650W)
マザーボード ASUS M4A79XTD EVO
CPU AMD Phenom II X4 955 Black Edition BOX
(3.20GHz, 4コア, 95W)
メモリ 4GB (DDR3 SDRAM 1333MHz DIMM)
→後日、増設して8GB
ストレージ 500GB HDD(3.5インチ 日立製)
500GB HDD(3.5インチ メーカー不明)
→後日、128GB SSD(2.5インチ Microsoft製)を追加
光学ドライブ LGエレクトロニクス GH22NS40BL
グラフィックボード ASUS EAH4770/HTDI/512MD5 (DIV端子×2)
TVチューナーカード IO-DATA GV-MC7/VS (地デジ・BS・CS110対応)

OS

OSは当時発売されたばかりのWindows 7です。特に欲しい機能がなかったので、Home Editionにしました。

PCケース

ANTEC PCケース NineHundred

ANTEC PCケース NineHundred

 

小さいPCケースでは配線しにくいと聞いたので、PCケースは大きいものにしました。今思うとココまで大きいものにしなくても良かったのではと思います。

電源ユニット

Antec TruePower Classic TP-650C (650

Antec TruePower Classic TP-650C (650

 

電源はPCケースはPCケースと同じメーカーにしました。当時、電源がケースに設置できない可能性と考えていて、メーカーを合わせたほうが良いと思っていました。今となってはメーカーを合わせる必要はなく、違う電源を探しても良かったのではないかと思います。

マザーボード

M4A79XTD EVO | マザーボード | ASUS 日本

マザーボードは 搭載するCPUに合わせて選びました。

CPU

CPUは自作する上で最も重要視したパーツです。「CPUはメモリのようにパーツを追加して性能を向上させることができない」というのが理由です。
そのため、CPUのメーカーは価格が比較的安いAMDにしました。

メモリ

ADATA製のDDR3メモリを使用しています。ヒートシンク付きのもので、金属製のカバーが付いていました。メモリ1つが2GBで、2本搭載して4GBとしていました。

自作してから数年後に2GBのメモリを2本追加して、合計8GBにしました。追加したメモリは同じくADATA製で型番は異なるものの、問題なく動作しました。

ストレージ

自作当時はHDDを2本搭載していました。

1つ目が日立製の3.5インチHDDで、容量は500GBです。こちらはCドライブとして使用し、システム領域とデータ領域として利用していました。 

日立GST Deskstar P7K500(500GB/SATA3G/7200rpm/16MB) HDP725050GLA360

2つ目がメーカー不明の3.5インチHDDで、容量は500GBです。これは元々所持していたBUFFALOの外付けHDDを解体して取り出したHDDです。こちらはTV録画データ保存およびバックアップ用として使用していました。

SSDの増設

自作してから数年後にSSDを増設しました。タイミングとしてはメモリ増設と同時期だったと思います。
この時にシステム領域はSSD、データ領域は日立製HDDとするように構成変更を行いました。データ領域のデータは2つ目のHDDにバックアップしていたので、データ損失を気にせずに構成変更を行うことができました。

Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 128GB CT128M4SSD2

光学ドライブ

自作した時にはBlu-rayが出てきていました。しかし、ドライブの値段が高かったことと使わないだろうということで、DVD/CDドライブにしました。

グラフィックボード

EAH4770/HTDI/512MD5 | ビデオカード | ASUS 日本

地デジを視聴するためにHDCP対応のものにする必要がありました。また、今後ディスプレイを追加してデュアルディスプレイにするつもりだったので、デジタル端子が2つあるものを選びました。
なおPCゲームはしない方なので、スペックについてはあまりこだわっていません。

TVチューナーカード

当時、Windows7に対応した地デジチューナーが IO-DATAのGV-MC7/VSしか見つからなかったので、自然と決まりました。

無線ルータ

商品名とメーカーどちらも覚えていないため、紹介できません(笑)
少なくともIEEE802.11a/b/gに対応していて、LAN同士の通信速度が100Mbpsだったと思います。

その他の周辺機器

キーボード・マウス

FILCOのキーボードを選びました。かな印字なしにしたのは「見た目がシンプルな方が良いなぁ」という理由です。
使い勝手はとても良く、今まで使用したキーボードで一番打ちやすかったです。

マウスは手に合うものを選んでいました。ただ、なぜか壊れることが多かったので、最初どのようなマウスを使っていたか覚えていません。

スピーカー 
LOGICOOL スピーカーシステム 2.0ch PCスピーカー X-140

LOGICOOL スピーカーシステム 2.0ch PCスピーカー X-140

 

選んだ理由は特にないです(笑)

 

今回は以上です。次回は2代目の自作PCについて紹介したいと思います。ご覧いただきありがとうございます。